G-TEKT
サイトマップ お問い合わせ

CSR

社会貢献

国内での取り組み 海外での取り組み

ジーテクトグループでは、持続的な社会の実現に向け、事業活動を行う地域において、地域とより良きパートナーとなるべく社会貢献活動を行っています。環境活動や地域の美化活動、福祉活動のお手伝いや地元学生への教育支援など、多岐に渡る社会貢献活動を行っています。

国内での取り組み

滋賀工場
滋賀県が条例で定めている「びわ湖の日」・「環境美化の日」では、湖南市、甲賀市の企業・行政が協働で行う清掃活動に参加しました。地域環境美化活動では青土ダム周辺の清掃活動に23名が参加しました。

地域環境美化活動として、青山ダム ブルーリバーパークを清掃しました。25名が参加し、 ゴミを32.5kg回収しました。
環境省が参加を集っているライトダウンキャンペーンに参加し、20時~22時の2時間、消灯可能な照明を消し、1日119.6kwh 、2日間で239.2kwh削減することができました。滋賀工場は甲賀市の「まち美化活動」に登録しています。工場周辺の自ら指定した区域の環境美化を実施し、ゴミ拾いだけでなく、草刈等を年4回以上行っています。2017年度は、5回実施しました。

栃木工場
鬼怒川河川敷公園清掃活動に参加しました。30名が参加し、公園及び、河川敷の清掃を行いました。工業団地美化にも努め、さくら市の「お丸山公園再生計画」に参画しています。

工場で収集したペットボトルのキャップ11,080個をさくら市社会福祉協議会に持ち込み、約12人分のポリオワクチンを贈ることができました。

C&C栃木
鬼怒川・小貝川クリーン大作戦では26名が河川敷の清掃活動に参加しました。情報の森の定期清掃活動を毎月1回行っています。

高根沢町情報の森「さくらフェスタ」に参画し、前日の会場設営や当日の運営等スタッフとしてお手伝いしています。地域の方々や他社スタッフの方々との交流の場となっています。

羽村事業所
羽村市ポイ捨て禁止等マナーアップの活動に参加し、羽村駅前にて啓発グッズの配布をしました。昨年に引き続き、「花いっぱい活動」へも参加し、道路脇花壇の清掃や雑草抜きを行いました。

地元自治会と協力・連携し、沿道の花壇に、花を植える「花いっぱい運動」に参加しています。咲き終わった花は抜き取り作業をし、併せて、周辺道路の清掃活動も行いました。

埼玉工場
生物多様性への取り組みとして、弓立山にて植林活動を実施し、ジーテクトの森林づくりでは下刈り活動を行いました。

工業団地の美化に努めるため、工場周辺道路の除草や清掃活動を行っています。

群馬工場
スバル地域交流会主催の金山清掃に11名で参加しました。昨年の総勢800名を上回る820名の参加で、盛大に開催され、雑草除去作業を行いました。花いっぱい活動では、花苗120株を年間で3回購入し、工場内に直植しました。

群馬県、安全運転管理者制度の関連で、安全運転を呼び掛けるボランティアを行っています。春の全国交通安全運動期間に前後2日を追加した日程で、朝の通勤時間に交通安全の呼びかけを実施しました。
毎年ゴーヤの苗を窓際に植え、グリーンカーテンに挑戦しています。窓一面びっしりと育ち、たくさん実を収穫する事が出来ました。収穫したゴーヤは従業員に振る舞い、おいしく食べていただきました。

海外での取り組み

中国

APAC
APAC

政府と連携した障害者支援の一環として、2011年より地元自治会の障害者の方の生活費支援を行っています。中秋節の慰問では、中秋節伝統の月餅でお祝いする等、交流を深めました。この日は障害者管理センター長より感謝のお言葉をいただきました。

CKS
CKS

CKSの在る明珠工業園は貧しい地域であり、学校の設備等は良好な状態ではありません。従業員の子供たちも多く通っています。少しでも多くの子供たちに本から様々な事を学び視野を広げてもらう為に図書を2,000冊、本棚を8台寄贈しました。校長先生からは「子供達にも喜んでもらえる」と、感謝の言葉をいただきました。

WAPAC
WAPAC

従業員の5S意識を高めると共に、政府による企業周辺環境改善の呼びかけに応えるべく、近隣の海洋公園での清掃活動を行いました。従業員30名が参加し、公園内のゴミ拾い、枝刈り等を実施しました。

タイ

G-TTC

G-TTCでは従業員が寄付活動を身近に行える環境を整えています。昨年は、カンチャナブリ県にある孤児院に、現金をはじめ、食品やお菓子を寄付し、子供たちと交流を深めました。
アユタヤ県庁主催の子供の日のお祭りでは、ブースを出し、子供たちにお菓子やおもちゃ等のプレゼントを配り、地域の子供たちと交流しました。

G-TEC / G-TTC

タイ国民に敬愛された前国王へ哀悼の意を表し、マリーゴールドの花を植えました。また、社内には献花台を設け、全従業員で黙とうを捧げました。

G-TEC

G-TECでは夢追う子供たちを応援しています。子供の日に向けて福利厚生委員会と従業員の代表で地元の小学校15ヶ所へクレヨンを寄贈しました。
G-TECに親近感を持ってもらうため、地元学校の子供たちと一緒に野菜の苗を植える活動を行いました。参加した子供たちにとっては、家でも実施することができる課外授業となっています。

インド

G-TIP
G-TIP

従業員や家族への感謝を込めてFAMILY DAYを開催(参加者 500名)しました。従業員の表彰、ゲーム大会、スペシャルランチを提供、また、G-TIPの仕事を知ってもらうために工場見学会も実施しました。
環境をもっと身近に考えてもらうため、世界環境DAYに合わせ工場内に植樹を行い、環境をテーマにポスターコンテストを実施しました。全従業員で環境について考える良い機会となりました。

インドネシア

G-TIM
G-TIM

G-TIMは都市部に比べ貧困層の多い地域に所在しています。そのため、将来を担う子供たちに貧富の差なく、学業に専念してもらえるように学用品等を寄付するボランタリークラブの活動に参加しています。こうしたプログラムに参加し、地域との友好関係を深めています。
日本人とインドネシア人の友好を目的とし、結核予防の支援活動も行っている、国際イベント「ジャカルタ絆駅伝」に、4チーム16人が参加し、ゴールを目指しました。スポーツを通して医療への貢献活動を行っています。

アメリカ

JSC
JSC

子供たちが、天使の飾りに記入したプレゼントに対し賛同する従業員がそのプレゼントを購入し、子供たちに届けるプロジェクトを行いました。

ATA
ATA

地元コミュニティへの貢献活動として、地元の高校に奨学金を提供し、学生への教育支援活動を行っています。過去15年間継続している活動のため、今後も継続して行っていきます。

ブラジル

JSC
G-KTB

事業活動を行っている地元市への貢献のため、地元施設の芝生張替えの後援を行いました。地元市長から「素晴らしい」とのお言葉だけではなく、感謝状もいただきました。周辺地域の皆様からも、感謝のお言葉をいただいています。
全ての子供たちには幸せになる権利があります。そのため、「幸せな子供キャンペーン」では従業員から寄付金を募り、孤児院へ贈り物を届けました。子供たちに直接プレゼントを渡したり、スタッフの方々とも交流を深めました。
貧しい人々の生活支援のため、社会福祉基金へ従業員及び会社から食料品や衣料品の寄付を行い、社会福祉基金へ寄付品の配達も行っています。また、慈善団体へも食料品や衣料品の寄付を行い、23家族に受け取っていただきました。
従業員や子供たちにも環境意識を持ってもらうため、環境コンクールを実施しています。環境に関する絵や作文をコンクールに出してもらうだけではなく、工場見学も行いました。参加した子供たちは親の働いている会社を見学する事ができ、大変貴重な体験となりました。
※ ブラジル拠点G-KTBでは、贈収賄・横領等の行為が行われていない施設を事前に調査し、活動を行っています。

イギリス

JSC
G-TEM

ガン患者及び心臓疾患患者支援団体へ、世の中の人たちが無料でもしくは安価で定期健診が受けられるように、募金活動を行いました。従業員がケーキ、お菓子を作って販売し、売上金を募金しました。従業員の中にもこれらの病気を患う人もおり、募金活動を通じて支援団体と共にサポートしていきます。
地域の大学生が授業の一環として会社見学を実施しており、学生を招待し、会社のプレゼン及び工場見学を実施しました。学校及び学生支援を通じて地域社会とのコミュニケーションを密にし、将来のG-TEMを担っていく若者を発掘すると共に、良好な関係を築けるよう継続していきます。
近隣の小学校にてフェンスや付帯設備が破損しており、子供たちにとって危険であったため、修繕依頼がありました。早速現場に向かい、修理を行いました。今後も小さなことでも協力し、地域社会と良好な関係が築ける様、継続して活動していきます。

CSR

PAGE TOP