G-TEKT
サイトマップ お問い合わせ

CSR

品質向上に向けた取り組み

2018年8月10日現在

品質方針

品質至上を経営の基軸として、お客様に感動製品を創造し提供する。

品質保証体制

顧客を満足させる高品質な製品を作り上げる為に、G-TEKT全21拠点での「1保証体制1マニュアル」を確立しています。また各拠点が、このルールに適合することで拠点間の品質保証システムの水平展開を図ることができ、生産活動だけでなく物流まで含めた品質保証に貢献できます。

ISO/TS16949の国際規格に基づいた品質マネジメントシステム

ISO/TS16949の国際規格に基づいた品質マネジメントシステム

IATF16949認証取得

ISO/TS16949は2018年9月14日に規格が失効するため、2018年4月現在、ISO/TS16949の認証取得をしている拠点については、2018年の失効時期までに、新たな自動車産業品質マネジメントシステム規格であるIATF16949規格への認証移行を拠点毎に推進していきます。認証移行の完了後は、従来よりも更に高度な品質マネジメントシステムでお客様の要求品質に応えることができます。

品質情報を全世界で共有

ジーテクトグループでは品質最優先の観点から、タイムリーに全拠点で品質情報を共有できる仕組みを取っています。他拠点で起きている問題を他人事とするのではなく、ジーテクグループ全体の問題として捉え、品質保証本部を中心として、品質向上に向け、問題解決に取り組んでいます。

QC活動の実践

ジーテクトグループではQC手法を学ぶことを目的とし、サークル活動(小集団活動)を自主的かつ積極的に行い、継続的に製品・サービス・仕事等の質の管理・改善を行っています。
管理職者を監督者とし、さらなる活動強化へ向け組織的に活動しています。

世界6地域にて約210サークルが活動を行っています。

G-TEKTサークル

G-TEKTサークル世界大会

G-TEKTサークル世界大会
むじんくんサークル発表の様子

毎年秋に全世界から選抜されたQCサークルが日本に一堂に会し、G-TEKTサークル世界大会を開催しています。全世界で活動事例を共有し、グローバル拠点間の相乗効果の発揮、コミュニケーション強化を行っています。
第7回G-TEKT世界大会では滋賀工場のむじんくんサークルがハイエストアワードを受賞しました。ジーテクト初となる無人化ラインを立ち上げから量産に至るまで、問題の消込や改善活動を行い、費用効果も高い無人化ラインの生産体質を確立させました。

従業員の声

購買・CSR調達方針
品質保証本部 品質保証部
品質保証課 柳谷 航

今年より、金型技術課から品質保証課へ異動となり、生産準備段階での過去の不具合反映やプロセスFMEAといった業務を担当しています。元金型設計者としての経験を活かし、ジーテクト全体の品質保証システムの向上を目指していきたいと思います。

関連コンテンツ

CSR

PAGE TOP