G-TEKT
サイトマップ お問い合わせ

CSR

人財育成・労働

2018年8月10日現在

人権の尊重

ジーテクトでは、人権の尊重に係わる指針をリーフレット「わたしたちの行動指針」に定め、全ての従業員が携帯しています。
法令順守はもとより、諸外国の慣習、文化、宗教、生活様式を尊重するよう明記してあるほか、セクシャルハラスメント、パワーハラスメントなどのいかなるハラスメントも許さないことも明記しています。「わたしたちの行動指針」は、年1回の読合せを通じて従業員への周知徹底を図っています。

ダイバーシティ

ダイバーシティはイノベーションの源泉であると考え、性別・国籍・職歴・年齢・性格・価値観など、外面あるいは内面の違いを「その人がもつ個性」と捉え、それぞれの個性を尊重しています。

女性活躍

ジーテクトでは、「女性の働きやすい職場づくり」「女性のキャリアアップ」の取り組みに力を入れています。出産した女性が仕事に復帰しやすいよう、法定義務を上回る4歳以上の子供の育児のための短時間勤務制度や女性役職者研修を実施し、リーダースキルの習得、情報共有の場を提供しています。

障がい者雇用

2013年以降、地域の支援センターと協力体制を築き、障がい者が活躍できる職場の拡大と雇用の拡大に積極的に取り組んでいます。障がい者が仕事を通じ、誇りをもって自立した生活が送れるよう、社会進出を支援しています。

働き方改革への対応

ワークライフバランスの観点から、昨年度より実労働時間の削減について取り組んでいます。先ずは残業の事前申請制の導入と、定時退社日の再度の周知により、一定の成果を上げました(前期比11.4%減)。また、有給休暇についても、年間取得計画を立てることにより、取得率の向上が図れています(前期比12.4%増)。
また、仕事の進め方を大幅に見直し、さらなる余暇時間を創出するため、本年度より「生産性向上プロジェクト」を発足させ、全社一体となって取り組みを強化しています。
新たに創出した余暇時間は、様々なスキルアップにチャレンジしてもらうため、資格取得手当の創設など、個人の能力伸長を支援する制度も設けています。これからも従業員一人ひとりと向き合い、多様な働き方が出来る職場環境づくりを目指して行きます。

多様な働き方実践企業「ゴールド+(プラス)」

2018年2月に埼玉県の「多様な働き方実践企業認定制度」にて「ゴールド+(プラス)」の認定を受けました。様々な育児サポート制度や男性育児休業取得実績が評価されています。

「シニア活躍推進宣言企業」

2018年3月に埼玉県より「シニア活躍推進宣言企業」の認定を受けました。
継続雇用や賃金基準の明確化、安心して働ける職場環境の整備、「ライフプランセミナー」の実施が評価されています。

子育てサポート企業「くるみん認定」

2018年に「子育てサポート企業」として、厚生労働大臣より認定を受けました。今後も次世代育成支援対策推進法に基づき、従業員の育児・仕事の両立サポートを行っていきます。

人財育成方針

ジーテクトは人財こそ最も重要な経営資源と位置付け、「全ての従業員に成長の機会を提供し、自主的なスキルアップを支援する」と「次の時代に向け新たな価値を生み出す人財の創出」を方針に定め、従業員と企業が共に成長する姿を目指しています。

研修制度

自ら学び、考え、成長するチャレンジ意欲を持った人財の育成を目的とした、育成・研修制度を設けています。

2017年度研修実績

語学研修派遣者数(研修期間:1年以上)

関連コンテンツ

CSR

PAGE TOP