G-TEKT
サイトマップ お問い合わせ

CSR

情報管理

情報セキュリティの目的

情報漏洩防止のための基本ルールとしてセキュリティポリシーを制定することにより全世界のジーテクト社員が、情報資産を守り抜く意識を高め、時代の変化に対応できる情報セキュリティ体制を構築しています。

情報セキュリティの基本方針

当社の情報資産を守る為に、下記内容を基本方針とする。

  • 情報漏洩のリスクを理解して行動する。
  • 全世界のジーテクト社員が、場所・利用技術に関係なく、同じセキュリティポリシーの下に情報管理・漏洩防止を行なう。
  • 情報漏洩事例などのリスク情報は全世界で共有し、かつセキュリティポリシーに反映し、ジーテクトでの漏洩防止、再発防止に役立てる。
  • 新しい情報管理・処理に関係する仕組みを構築する際は、セキュリティポリシーの考え方を遵守する。
  • 社会環境の変化に迅速に呼応し、先取りで対応を行なっていく。
  • セキュリティポリシーは常に見直しを行なう。

情報セキュリティ教育

当社の事業を運営するに当たり、各取引先様や当社自身の機密情報あるいは、社員の個人情報等、外部に漏洩させてはいけない様々な情報が多く存在しております。基本的に情報漏洩等は、社員の機密管理に対する意識低下に起因することが大きいと考えられており、この為、情報漏洩防止に向け社員に対し機密管理に対する教育を定期的に実施しております。教育方法としては、セキュリティポリシーの主な内容をまとめた「情報管理10ケ条」の読み合わせや、社内報での周知を実施しております。

CSR

PAGE TOP